世界三大ほとんど解明されてないとされる、「宇宙」、「深海」、「脳」について解説します。

人類最大の謎!宇宙・深海・脳の世界

宇宙

宇宙の70%を占める謎の力”ダークエネルギー”の正体とは?

投稿日:

★ダークエネルギーの存在が確認された経緯

宇宙には、未解明の謎がたくさんあります。

 

今日は、宇宙の約70%を支配しているのにも関わらず、その正体は謎に包まれている、 “ダークエネルギー”について考察したいと思います。

ダークエネルギーは、1998年にその存在を報告されました。

 

米欧オーストラリアの研究チームが発見したそうです。

意外と最近なんですね。

 

何故ダークエネルギーの存在に気づいたのか?

 

まず、宇宙膨張が時間とともに加速されていることが判明されました。

 

宇宙を膨張を加速させるほどのエネルギーですから、強力なエネルギーが必要です。

 

その膨張を加速するためのエネルギーがダークエネルギーと定義されています。

 

ただし、再度申し上げますが、残念ながらダークエネルギーの正体についてはまったくの不明です。

★ダークエネルギーの候補

ダークエネルギーの正体については全く謎ですが、いくつかの候補はあります。

1.真空エネルギー

初期の宇宙は、宇宙空間全体が超高温の真空状態にありました。

この状態を、「高温相の真空」といいます。

高温相の真空の状態は、現在の低音相の真空の状態より高いエネルギーを持っています。

この高いエネルギーによって、宇宙の膨張が引き起こされます。

このエネルギーがダークエネルギーとなって残っているのではないかという説です。

 

2.クィンテッセンス(第五元素)

簡単に言うと、ある種の弱い力の場のことを指します。

“重力、電磁気力、弱い力、強い力以外の基本的な第5の力として提案された。クインテッセンスは、時間の経過に関係なく一定である宇宙定数とは異なり、それ自身がダイナミックであり時間の経過とともに変化する。”

クィンテッセンスは、引力斥力を発生させることが出来、膨張の加速を生じさせることが出来ると言われています。

 

3.他の次元のエネルギーが漏れてきている

宇宙は高次元空間(余剰次元)に浮かぶ膜だという説があります。

これは、ブレーンワールドM理論と言われています。

すなわち、四次元時空である宇宙の外部からダークエネルギーが入ってきている可能性があるのです。

 

 

ダークエネルギーとは、一体何なんでしょうか?

 

これからも当サイトはダークエネルギーの正体について追いかけていきたいと思います。

-宇宙
-

Copyright© 人類最大の謎!宇宙・深海・脳の世界 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.