世界三大ほとんど解明されてないとされる、「宇宙」、「深海」、「脳」について解説します。

人類最大の謎!宇宙・深海・脳の世界

宇宙

ダイヤモンドで出来た星の価値を算出すると物凄かった

投稿日:

★ダイヤモンドで出来た星、その名を「かに座55e」

地球から40光年先の位置にダイヤモンドで出来た星が存在します。

 

その星は、かに座で55番目の惑星であるということから、「かに座55e」といいます。

 

アメリカのイェール大学とフランスの天体物理学研究機関が発見したこの星は、 半径が地球の約2倍、質量に関しては地球の約8倍もあります。

 

星の表面は摂氏約2150度の高温になっており、 黒鉛とダイヤモンド(ほかに鉄やシリコンなど)でできています。

 

この星の1年間は短く、たったの18時間で終わります。

 

地球は365日かけて太陽の周りを回りますが、かに座55eは地球よりはるかに高速で恒星の周りを走っているようですね。

この星は天の川銀河と同じ、約110億歳程度で、地球よりも2倍近く年上です。

 

そして、最大の特徴は、質量の3分の1がダイヤモンドでできており、これがなんと地球の3倍なんだそうです。

 

イェール大学の物理・天文学の博士、ニック・ マドゥスダンはこう語っています

 

「この惑星には、表面のすぐ下に、グラファイトとダイヤモンドを含む薄い層があります。さらにその下には、惑星の半径の約3分の1にも及ぶ非常に密度の濃い層があり、ほとんどダイヤモンドのみで構成されています。地球上でも見られるダイヤモンドにだいたい近いものですが、純度は非常に高いと思われます」

★この超巨大ダイヤモンド、いったいどれくらいの価値があるのか?

地球3個分の超巨大ダイヤモンドですが、いったいどれくらいの価値があるんでしょうか?

現在の相場から、以下の条件で算出してみました。

1カラットのダイヤモンド:100万

1カラットの大きさ:直径6.5ミリ

地球の直径:12,742km

まず、直径1kmが何カラットになるか調べます。

直径1kmは100万ミリ

これをカラット単位で計算すると、直径1kmあたり、約150000カラット

地球の直径は12,742kmなので、12,742×150000=1960307694カラット

ダイヤモンド星は地球3分のダイヤモンドがあるので、1960307694カラット×3=5880923082カラット

1カラットあたり、100万円の価値があるので、5880923082カラット×1000000=5880923082000000円

 

つまり、ダイヤモンド星「かに座55e」の価値は、5900兆円ということになります。

 

物凄いですね。しかし行くのも持って帰るのもかなり大変そうです。

ダイヤモンド星からダイヤモンドが採取できるのは、まだ当分先になることでしょう。

-宇宙
-

Copyright© 人類最大の謎!宇宙・深海・脳の世界 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.