世界三大ほとんど解明されてないとされる、「宇宙」、「深海」、「脳」について解説します。

人類最大の謎!宇宙・深海・脳の世界

宇宙

ついに地球外生命体発見?宇宙空間に謎の現象

投稿日:

■ついに地球外生命体発見?宇宙空間に謎の現象

専門家にも説明がつかない異常現象が観測され、それが

 

地球外生命体の仕業である

 

可能性が出てきたようです。

 

異常現象が観測された場所は、地球から1465光年離れたはくちょう座とこと座の間あたりで、 宇宙望遠鏡「ケプラー」の公開データを解析していたユーザが発見しました。

 

異常現象は簡単に言うと、惑星が恒星(KIC8462852)を通過する際に光が特異に暗くなるということのようです。

 

では、この現象の何が特異なのでしょうか?

 

それは、明るさが20%も落ちるという暗くなり方の程度と、1週間から数ヶ月という、明るさの変化の 周期にあるようです。

この現象の理由として、いくつかの説が議論されていますが、未だ理由は分からないようですね。

 

・彗星の断片に原因があるという説

・地球人が未発見の宇宙現象説

・地球外生命体による、惑星規模の建造物(ダイソン球)である説

 

しかしどの説も専門家を納得させるものはないらしく、非常に不可解な現象として、専門家の頭を悩ませているようです。

 

現在はアメリカの研究チームが地球外知的生命体探査プロジェクト「SETI」の望遠鏡を使って観測に乗り出しているようです。

 

観測結果は1~2ヶ月後になるらしく、この結果により何らかの結果が得られるようです。

 

今のところ地球外生命体であるという可能性は低いらしいですが、もしそうであれば物凄い大発見ですよね。

 

しかも、地球外生命体の仕業であれば、惑星規模の建造物を建築することが出来る、かなり高度な文明を持つ知的生命体ということになります。

 

いずれにせよ、2ヶ月後にはなんらかの進展があるはずなので、この件については続報を調査し追記したいと思います。

-宇宙
-

Copyright© 人類最大の謎!宇宙・深海・脳の世界 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.